スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴論Ⅲ

【STEP3:琴の手札】
前回、目標を立てるという指針をご紹介しました。

で、目標を立てた後、その達成のために何ができるかを考える上で、まず自分の手札を把握する必要があります。
では、琴の手札というのはどれくらいあるのか、琴書を前提で考えてみましょう。


 
 
 
琴初心者の時点では往々にして以下の2つしか頭にありません。

・リジェネの持続回復
・リカバリーリズムの範囲回復

ちょっとやり慣れてくると以下のものが入ってきます。

・エレキロックのスタン
・ライトメロディの即時回復

さらにやり慣れてくると以下のようなものもあることに気づきます。

・ストームノイズの防御ダウン
・リトルラブソングの攻撃UP
・ラプソディの移動速度UP
・ムーブメント瞬の移動速度UP&回避UP
・ブレスリズム3スタックによる回復力UP&ヒールの範囲化
・ヒーリングノートによる高回復力の使いどころ
・ホーリーブレス、ストロングバリアの配布

さらにサブ書まで使いこなすともっと出てきます。

・リバースのデバフ解除
・ナイトメアサインのスリープ
・カオスティスコードの攻撃力UP
・ブラッディマークの敵会心率DOWN&微回復
・サブ武器OPによる攻撃UP要素の配布
・アビスグルームの攻撃ダウン(ストームノイズとの二択)

ネクロ技も忘れてはいけません。

・ネクロリバースのデバフ2個解除&攻撃力UP
・ネクロカオスでさらに攻撃力UP
・ネクロアビスで攻撃力DOWN
・ネクロヴァンパイアで防御DOWN


全部洗い出すと20以上の手札を持っています。
ここからさらに、スキルの特性を利用した使いこなしというものが存在します。
前回ボス戦でのスリープの使い方をちょっとご説明しましたが、それ以外でもエレキロックのスタンの合間を埋めるために使ったり、効果時間(6秒)を利用してリザ詠唱時間(6秒)を稼いだり、塔20Fのようなボスの行動妨害に使ったり、色々な用途が考えられます。

盾や火力はぶっちゃけてしまうとスキルの使いこなしというのがほとんどありません。
スキル回しという言葉がありますが、これは言い換えてしまえば最適解の繰り返し、ワンパターンということです。
もちろんそれは悪いことではなく、仕事を十全にこなそうとした結果がそうなっただけなのですが。
琴の場合はこのようなスキル使用のパターン化はできません。
基本ルーチンを抑えつつ、味方の行動、敵の行動に合わせて流動的に最適解を選び出さないといけません。


火力職は火力職で、いかにダメージを出すかを常に考えています。
これはこれで大変です。

盾は盾でいかに防御と攻撃を両立させるかを考えています。
これも結構大変なんです。

琴は装備面であまり苦労することがありません。
ならば周りに貢献するために立ち回りで頭を使い、技術を磨きましょう。
それが琴の仕事であり、むずかしさであり、楽しさだと思います。



幻想神域 ブログランキングへ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!コメ失礼します。

琴キャラはいないけど、火力目線として「こう動いてくれると嬉しいなぁ」っていう願望が詰まってるシリーズ?なので、楽しく読ませてもらっていますヽ(・∀・)ノ

まず自分の火力どうにかしなきゃないんですけどね・・(遠い目
これからも参考に読ませてもらいますねー!

Re: タイトルなし

> souさん

琴というのは支援職であり、相手がいてこそ成り立つものなので、
相手の目線というのは非常に重要です。
ただ、どうしても琴だけやっていると気付かない部分もあります。
複数キャラ作る余裕がある人ばかりでもありませんので、
お友達に親しい琴さんがいるなら、色々要望上げてあげてください。
プロフィール

リリー

Author:リリー
キャラ名:LiebenLied

星界神話プレイ中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。