スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴論Ⅳ

【STEP4:行動予測行動】

前回の通り、琴の仕事量は最善を尽くそうと思うともの凄まじく多いです。
全てを瞬時に判断して使用するのは不可能です。効率も悪いです。
見てから対応できないようなものも存在します。
なので、ある程度は予測して準備しておくことが必要になります。

今回は、どの辺を予測して動くのが必要なのか、というポイントをご紹介します。
 
 
 


○ デバフ解除ポイント
主に考えておきたいのがデバフ解除です。
厄介なデバフの出所というのはある程度絞り込めます。

異界6周を例に取ると……
-(神殿1ボスまでの雑魚)鈍足、スタン
-(神殿1ボス)DOT
-(秘境2ボスまでの雑魚)スタン
-(秘境2ボス)スタン
-(鉱道1ボスまでの雑魚)鈍足
-(鉱道3ボス)回復DOWN

あたりがポイントでしょうか。
特にワナルージ直、ノーレ直時のスタンは最速で解除したいところです。
これができると解除してもらった本人からは「この琴氏……できるっ!」と思われます。

MAPごとのデバフは全て把握し、必要に応じて解除できる準備をしておきましょう。

リバースだけではデバフ解除に手が回らない場合、幻想きってのイケメンと名高いアポロンさんにもご協力願いましょう。
なお、アポロンさんは遠距離攻撃型なので、出しっぱなしにしておくと必要なタイミングでは後方に下がっていて、デバフ解除技がPTに行き渡らないことが多々あります。
必要なポイントでは前線で出し直すなど、ちょっとした手間をかけるととっても役立ってくれます。

ネクロリバースもあると助かるスキルです。
開始前の待機時にスリープやリバースを空撃ちしたり、道中では書技をジャンプ撃ちしながら走ったりしてゲージを稼ぎましょう。



○ パターン化
進行のパターン化というのも重要です。
例えばカディラの1ボスまでの道中。
普通に進むと鈍足食らいまくってイライラします。
CT9秒のリバースでは全ての解除は不可能です。
みなさん、ここどんな感じで走っているでしょうか。
私の場合はこんな感じです。

① 3匹組にエレキロック
② 4匹組に適当にノイズとヘブンリー ⇒ 鈍足弾が4発飛んできたところでリバース
③ 3匹組にエレキロック
④ 4匹組に適当にノイズとヘブンリー ⇒ 鈍足弾が4発飛んできたところでリバース
⑤ 1匹狼に適当に攻撃⇒イフリート召喚の無敵で回避
⑥ 4匹組に適当にノイズとヘブンリー ⇒ 鈍足弾が4発飛んできたところでリバース

これでほぼノンストップで走れます。
これはただの一例で人によってやり方は変わってくると思いますが、琴のちょっとした工夫でPT進行が円滑になるということがポイントです。


敵単体の攻撃をパターン化し、それに対応することも重要です。
例えば鉱道のタイタニオ。
拘束攻撃のHP割合ダメージDOTが結構厄介ですが、それに付随して厄介なのが円状範囲の回復ダウンデバフです。
回復ダウンデバフが付いた状態で拘束攻撃を受けると、ラブソングの回復が間に合わずにモリモリHPを削られます。
デバフを解除したいところですが、1回解除したら2回目は解除できません。リバースのCTが間に合いません。
しかし、実は拘束攻撃は往々にして円状範囲2発撃ってから使ってきます。
最初から考えると
波動砲⇒円状範囲⇒波動砲⇒円状範囲⇒拘束攻撃 です。
なので、2発目の円状範囲のデバフをリバースで解除すれば、拘束攻撃を受けてもラブソング+リバースの回復量でHPはほぼ減りません。
ついでに拘束攻撃を複合技で避けたりするとオシャレですね。



○行動妨害
敵のスキルを把握し、致命的なものに関してはスタン、スリープを利用した行動妨害も進んで実施したいところです。
これは見てから反応するのは厳しいので、目的のスキルの予兆(使用順序、赤床、エフェクト)を把握した上で準備しておく必要があります。

たまにボス戦でいきなりスタン、スリープぶち込む方がいますが、やめた方がいいです。
この2つは有効に使えばPTがかなり安全になります。
逆に適当に使ってしまうと、相手に状態異常耐性が付いてしまい、必要な行動ができなくなります。

特にスリープは、これを使えるのが書しかないためスリープ耐性が付きづらく使いやすい技です。
タイミングを合わせて使うことで様々な技を中断させることが可能です。
翔龍の竜巻発生技を中断させたりなんかもできます。
ジャストタイミングならノーレの爆弾発生すら止められます。

スタンのほうが攻撃発生が早くて行動妨害に使いやすいのですが、いかんせんスタンは使える職が多いため、必要なタイミングではたいていスタン耐性が付いています。
最初の話と矛盾しますが、例えば一部の敵に限定した話なら、スタートでスタンを打ち込むのは意味があります。
前回書いた通り、ボスの1発目は一番怖い攻撃です。
ボスのFAとったらカウンターの初撃で即死した覚えのある火力さんも少なくないと思います。
神殿のワナルージ、秘境のノーレ、鉱道のタイタニオ、雷龍の2ボスなどは特に即死しやすいポイントです。
そんなとき、最初にスタンを入れて1発目の行動を止め、さらに3秒時間を稼いでデバフを蓄積させるのは有効な手段です。
ただ、トラロックやアルカトルのような初撃が怖くない相手には初撃スタンは全く意味がありません。
必要な時に、必要な技を打つ、これが大事です。


とにかく琴というのは覚えゲーです。
敵をどれだけ知り、どれだけ準備して動くかで上手下手がはっきり分かれます。
敵のデバフは全て把握、デバフアイコンも全部把握。
行動もパターン化、スキル使用順序やCT。
どれくらいHPが減ったらどういう行動にでるのか。
知っておくと自分のできる範囲がどんどん広がっていきます。
もちろん事前知識だけでは限界がありますので、最終的には試行錯誤の回数こなすのが重要です。
1回1回のPTプレイを大事にして、PTの進行に支障をきたす要素を徐々に排除していきましょう。


幻想神域 ブログランキングへ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
キャラ名:LiebenLied

星界神話プレイ中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。