スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷龍攻略(琴編)

今日は会社の都合でプレイ時間が取れなかったので、
書き溜めていた攻略情報でも。

雷龍+翔龍を私はダブルドラゴン(略してダブドラ)と呼んでいますが、
ダブドラの野良PT募集を見ていますと琴待ちオンラインが多いと感じます。
塔の参加状況などを見ていると、
琴の絶対数が足りないということは無いはずなので、
おそらく高難易度ダンジョンということで
及び腰になっているのかなー?というのが予想です。

そんなわけで、琴で雷龍を回るときに個人的に意識していることをご紹介していきます。
ものっそい長いです。

<1ボスまで>
琴で入口するとき、最初の十字路にはスリープを置き、
奥の卵を割って6秒以内に戻ってくるようにしています。
あとはL字階段のところは鈍足を食らいやすいポイントなので、
先行する味方がデバフを受けていないかを意識して走ります。
受けていたら追いついてエレキロック⇒リバースで救出します。
殲滅で進むときにはリバースでのDOT解除を徹底すれば
死ぬ要素はほとんど無いはずです。

入口狩りの殲滅の際に盾がいる場合、ちょっと離れたところから
盾に対してヒーリングノートとリジェネとエレキロックを連打しています。
盾が倒れたら、即自分にヒーリングノートに切り替え、
エレキロックが溜まっているなら発射、
これで盾が復帰してくるまでは時間が稼げます。
盾をどれだけ生存させられるかがポイントです。

火力しかいない場合、自分の生存を最優先で考えています。
自分にヒーリングノート連打、リジェネ維持
殲滅が遅れて敵が多すぎる場合には、入口からちょっと離れた位置に避難します。
これで敵を入口から離して、味方が復帰する時間を稼ぎ、敵がお帰りになることを防ぎます。

敵が減ってきたら書技の連打に切り替え、
ネクロリバースのスタックに努めます。
最低1個はストックしたいところです。


<1ボス>
突進⇒放射範囲⇒単体遠距離、この3つのローテーションタイミングを測ります。
そしてブレスリズム3スタックとリジェネを維持しつつ、
突進と放射範囲に合わせて、範囲化したヒーリングノートを撃っています。
小ワームが沸いたらエレキロック⇒スリープを撃ち行動を封殺。
味方にDOTがかかったら、相手の位置を見て当たる位置に行ってリバースです。
DOTが2種類(ボスのDOTと雑魚のDOT)がありますので、
どうしても目的の雑魚のDOTが消せない時もあります。
そんな時は最終手段でネクロリバースを使います。


<隊長>
これなんなんでしょうね。
いまいちストーリー的な流れがわかりません。


<2ボス>
意外と盾が死にやすいポイントです。
盾・琴が揃っているPTで、ここで盾が死ぬ理由は2つあります。
① コウモリのDOT(スタック可)を解除できていない
② 琴が回復にヒーリングノートを使っていない
この2つを琴がしっかり対処できるなら、大抵の盾は耐えられます。
クリスタルに関しては、盾が食らっても火力職の範囲に巻き込まれてすぐ壊れるので特に問題にはなりません。
遠距離火力が逃げ打ちする場合は、コウモリのDOTだけ気にしておいて
あとは普通にリジェネ維持しつつネクロリバースを貯めています。


<小蜘蛛地帯>
ただ走るだけですと空しく全滅しますので、
いかに時間を稼ぐかということを念頭に置いて走っています。
敵の行動パターンとして、最初にタゲった相手にアシッドを撃ってきます。
先頭を走る人は、いかにして耐えるかということを考えておくとよいと思います。

私の場合、ムーブメント、サモンサラマンダー、幻神必殺技の3種類を利用して走ります。
まずリジェネ&カエサルバフをかけて先頭で突っ込みます。
最初のクモ達がスキル発射モーションに入ったのを見て、ジャンプからムーブメント発動。
無敵の状態で1集団をすり抜けます。
ジャイアントが1匹いますが、こやつの赤床が問題で、当たると鈍足入って死にます。
赤床にあたりそうなら早めにサラマンダーをジャンプ発動、
赤床が来ないならリジェネを更新して突っ込みます
2集団目に突っ込むところでサラマンダージャンプ発動、
そのまま曲がり角に突っ込み、サラマンダーモーションが終わったら即カエサル騎乗。
うまくいけば3集団のほとんどを自分の無敵でやり過ごすことができます。
最低でも2集団をやり過ごせれば、残り1集団に4人が突っ込めるので釣りは確実に成功します。
カエサルを使うのは、最初に移動速度を上げられるのと、タゲ無しで必殺技が出せるからです。

完璧にこなすのは運が絡みますが
走る際に工夫を考えている人が1~2名いるだけで釣りの成功率はぐっとあがります。
自分なりの作戦を考えておくとよいかと。

<小蜘蛛入り口殲滅>
前述のとおり、アシッドブレイクは最初にタゲった人にしか飛んできません。
入口待機でリジェネ連打していると、絶対に最初にタゲられているのは琴です。
このため、琴がアシッドを受けないように立ち回ると、殲滅がものすごい楽になります。

具体的には、入口部屋の東端すみっこまで退避しています。
すると、西から来た敵が味方の攻撃を受けてヘイトが変わり、
小蜘蛛はPTメンバーと交戦に入りますが、前述の仕様からPTメンバーにアシッドは飛びません。

この状態から、最後衛のメンバーをタゲってリジェネを撃っています。
前のほうのメンバーをタゲると、回復するために前に移動してしまい
小蜘蛛のスキル射程に飛び込むことになり集中砲火が飛んできますのでご注意。
琴が死ぬと、それ以降は味方にガンガンアシッドが飛び、即死祭りが始まります。

<3ボス>
連射攻撃でHPがごりごり削られて死ぬ人は、単純に防御力不足です。
琴の時は可能な限り回復するようにしていますが、
ライトメロディのモーション中に死ぬ人もいます。
基本的には自己責任だと考ています。

それ以外の死亡ポイントが、範囲スタンからの直線範囲コンボです。
範囲スタンでの強烈なDOT、
そこに直線範囲のダメージとさらにDOTが入りますので、
ちゃんと回復しないと盾でも結構死にます。
近接火力はほぼ確実に死にます。

この敵の攻撃ローテーションは、
直線範囲⇒連射攻撃⇒範囲スタン⇒直線範囲・・・・
で、ほぼ固定です。
なので、連射攻撃が終わったら近接職にターゲットを合わせておきます。
そして範囲スタンに合わせてヒーリングノートを撃ちます。
これだけでかなり安全に戦闘が回ります。


<4ボス>
最大のポイントは、打ち上げ(グレートライトニング)のダメージを
ちゃんと回復できるかどうかです。
そこを意識して回復を撃てるだけで、全体の死亡者は大きく変わります。
ブレスリズムを3スタックし、打ち上げ後の着地にしっかり回復技を撃ちます。
減ってからでは遅いです。着地したらすぐ回復技を押します。
赤床が足元に出ても、実際に攻撃判定が飛んでくるまでは3秒ほど時間がありますので、
回復技を撃って離脱する時間は十分にあります。

ただ、リカバリーだとちょっと厳しいです。
リカバリーを使いたい場合、打ち上げ直前にリカバリーを詠唱開始することで、
着地後のダメージタイミングにぴったりとリカバリー発動を合わせることができます。
しかし、事前の予兆が無いため、完全に敵の攻撃のローテーションを読み切った上での
作業になりますので、かなり難易度が高いです。
2~3回成功しましたが、あまり安定性が高くないので私はやっていません。

また打ち上げられている間も若干移動ができますので、
足元を見て赤床が無い場所に着地するように微調整しています。
この微調整と着地ヒールができていれば、少なくともソロになった時の
生存率はだいぶあがります。


というわけで雷龍攻略情報でした。
かなりランダム要素の強いIDなので、
私も毎回これを完璧にこなせるわけではありません。
あくまでこういうことを目標に立ち回ってますよ、というお話でした。



幻想神域 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リリー

Author:リリー
キャラ名:LiebenLied

星界神話プレイ中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。